AEDページ

AEDは普及拡大

革一般の人が使用出来る様になってから10年
価格、機能、用途、更なる時代へ。

心臓突然死の現実そして一次救命処置が重要

aedバトン

日本国内で交通事故死の人数より多い心臓突然死。 国内では毎年7万人の人が亡くなっている統計結果がありました。

この心臓突然死は、もともと心臓の病を患っていたひとだけではなく、さっきまで元気にしていた人、スポーツをしていた人、遊んでいた人そい ういった普通の生活を送っていた人でも、誰でも起こり得る症状です。

何の病気もそうですが、心臓突然死含め、これをすれば完全に予防できるという優れた方法は現段階の医学では、ほぼありえ-- BG--ないと考えていいでしょう。

当然予防は大事なことですが、予防でも防ぎきれなかった発症後の処置もこの心臓突然死では重要とされていています。

私たちに出来る一時救命処置 心臓突然死が起きた場合は、より早い処置が重要です。 心臓が機能していない状態なので、強制的に心臓の動きをつくってあげる必要があり、その為にはすぐに発見してあげ、そして救助をする事です。

また救助を呼んでいる間も胸骨圧迫や人工呼吸、そしてAEDを処置する必要があります。 二次救命処置 そして専門の医療従事者の治療という流れになります。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com